賃貸物件の給湯器 水漏れ修理が必要な場合

賃貸物件にて、近年ではエコタイプなど環境や性能面でも高いタイプの給湯器が設置されています。管理物件によって異なっていても、バランス式、風呂などの追い炊き機能付き、給湯専用の3種類を主に使用しています。給湯器 水漏れなどの修理が必要となり、管理責任者や専門業者に相談する際に、品番と種類を伝えることで相応の対応をしてもらえます。そこで、賃貸物件で給湯器トラブルが起きた際のポイントを紹介いたします。

■給湯器 水漏れ修理が必要な場合の対応について

給湯器 水漏れが起きると、生活場面で支障をきたしかねません。入浴やキッチンで洗い物をする際、給湯器は欠かせない機器の一つです。しかし、管理責任者に伝えずに業者に依頼することは良くありません。給湯器は管理責任者によって、故意での故障以外は修理費用を出してもらえます。
管理責任者や専門業者に連絡をする際に、伝えるべきポイントを紹介します。まず給湯器の種類、設置場所、故障の種類を伝えます。さらにメーカー、型式、製造年月日も確認して報告しましょう。わからない場合は、管理責任者が把握している場合もあります。実は、給湯器 水漏れは突然起こることはほとんどありません。故障の前兆がありますから、その点を報告すると対応もスムーズです。

■なぜ給湯器 水漏れ修理の際、詳細な情報報告が必要なのか

給湯器 水漏れを管理責任者などに報告する際、細部に渡る情報があると対応してもらいやすいですが、なぜそこまで必要なのか紹介します。
賃貸物件にて給湯器 水漏れが発生した場合の流れですが、概ね管理責任者が専門業者に報告する形になります。機器に関する情報は把握していても、故障の状態は使用している人以外にはわかりません。その上、専門業者も当事者からの説明を求めている場合が多いです。特に型番、製造年月日の情報は、過去の不具合事例や部品の準備などで業者にとっては大切な情報です。各種説明を受けたうえで、修理へと繋がります。
近年ではデジタルタイプの機器も多く、給湯器 水漏れが起きても操作パネルにエラーランプが表示されている場合もあります。これも伝えることでスムーズな修理へと繋がります。

■まとめ
賃貸物件にて、給湯器 水漏れ修理が必要な場面はあります。管理責任者の機器ですから、事前に相談してから対応してください。その際に、機器の製造年月日や故障の予兆などの情報を詳細に伝えることで、スムーズな対応に繋がります。機器の品番やタイプなどわからない場合は、管理責任者にその旨伝えると答えてもらえます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ