賃貸物件での水漏れ修理で蛇口 交換が必要な場合

賃貸物件にて、水漏れが起きると蛇口 交換が必要な場面があります。放置しておくことで、水道代がかさむことはもちろん、建物の二次被害にも繋がりかねません。一方、自身で勝手に修理することでも、生活にあたりトラブルに繋がりかねません。それを防ぐためのポイントを紹介いたします。

■賃貸物件にて水漏れ修理で蛇口 交換を必要とする場面

賃貸物件にて水漏れが起きた場合、蛇口 交換を必要とする修理があります。特に築年数が古いタイプでは、単水栓が設置されています。ホームセンターにいけば部品が揃い自分で蛇口 交換をすることも難しくありません。賃貸管理責任者によっては、蛇口 交換にて性能が高いものに変えることに嫌な顔をしない人もいるでしょう。その点を踏まえて上手に説明することで、修理を快く受けてもらいやすくなります。
一方、レバータイプや混合栓の場合は、蛇口 交換をする際には相応の知識と工具が必要です。特に給湯器に備え付けられているタイプの場合は、たとえ部品の緩みでも給湯器の種類に応じて、構造が複雑で水抜きやメンテナンスも必要です。一つ間違うと事故に繋がりますから、管理会社に相談した上で専門業者に依頼して下さい。

■水漏れ修理で蛇口 交換をしても退去時に原状回復が原則

蛇口 交換などの水漏れ修理をする際にて、賃貸物件では原状回復を原則としています。たとえ簡単な補修や性能の高いタイプの蛇口 交換をした際でも同様です。
自身で勝手に修理してしまうと損害賠償問題にもなりえますから、予め管理会社に相談してから対応してください。特に、経年劣化など自身の不注意でないこと及び夜間などの緊急時の際には、修理費用を請求すると対応してもらえます。
緊急時の対応ですが、近年では24時間年中無休で対応している水道業者も多数あり、連絡をすれば数時間あれば駆けつけてくれます。簡単な水漏れ修理の場合は、1万円前後で対応可能です。一方、水回りの機器の性能は高くなり、部品交換となると数万円単位となることが想定されます。クレジット支払いにて対応してもらえる業者もありますが、費用面を準備しておく必要があります。

■まとめ
賃貸物件の水漏れ修理にて、蛇口 交換をする際にはたとえ簡単な場合でも、管理責任者に相談してください。建物の二次被害を防ぐこと及び、契約時に退去時の原状回復を定めている場合が多いためです。特に、給湯器は水道以外の知識を要するため、必ず相談してください。緊急時を想定して、予め費用を準備しておくと安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ