賃貸物件での水漏れに伴う給湯器 修理の見極め

賃貸物件における給湯器 修理について、水漏れはもちろん修理や交換のサインは各種あります。それぞれいきなり故障するのではなく前兆があり、それが故障になる前の対応に繋がります。その際における見極めのポイントを紹介します。

■給湯器 修理における水漏れと耐用年数との関係

給湯器 修理にて、水漏れが原因の一つですが耐用年数も関係しています。寿命は概ね8年から10年で、これが原因の場合は交換となります。空室などで使用していない期間があれば、長く使える場合もあります。とはいえ、問題なく使用していても故障は起きやすくなっていますから、おかしいと感じた際には、速やかに管理責任者に相談してください。
修理の際注意しておきたいポイントは、日数です。緊急を要する場合を含めて、対応している専門業者は限られています。部品が揃っており在庫が業者にあれば即日対応をしてもらえますが、そうでない場合は日数を要します。土日、年末年始などの大型連休中の場合は、1週間単位での日数がかかります。可能な範囲、予兆が見られたら早めに対応することがおすすめです。
給湯器 修理をする際にてメーカーの販売や修理期間が過ぎている場合も想定されます。その場合は、水漏れなどのトラブルが起きても対応してもらえませんから、注意が必要です。

■水漏れ以外での給湯器 修理の見極めポイント

給湯器の使用にあたり水漏れ以外でもトラブルは起こりますが、給湯器 修理を依頼または相談する際の見極めポイントを紹介します。
黒い煙が出ている場合は、火災や異臭などのトラブルが起きる可能性が非常に高いので、電源を落としたうえで使用することをやめてください。原因は熱交換器にすすが溜まっていることや、空気の流れが悪いことが想定されます。
異音がする場合も注意が必要です。不完全燃焼や空気の流れが悪くなったことが原因の一つですが、経年劣化が想定されます。異音が出る場合では、複数個所に不具合を生じており、故障度合いも軽度ではないです。使用することで二次被害にも繋がりやすいので、早めに管理責任者に相談をして下さい。

■まとめ
給湯器 修理が必要な場面は、水漏れだけではありません。機器を使用する中で、普段と様子がおかしい場合は何かしらの不具合が発生しています。特に10年以上使用している機器では、故障が起こりやすくなっています。たとえ小さなことでも気になる点があれば、早急に使用をやめて管理責任者に相談をして下さい。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ